関西発に多いカニバスの特徴と魅力

カニを堪能するために企画されているカニバスは全国各地を出発地としたものがありますが、関西発のものには独特の性質があります。

日帰りのプランが多数を占めていて、目的地となっているエリアがほぼ限定されているのです。時期によって違いがありますが、秋口にカニの漁が始まってすぐに人気が高まるのが関西発鳥取着のカニバスです。松葉ガニで有名な鳥取には関西発であれば二時間から四時間程度でアクセスできる地域が多く、日帰りでも十分にランチタイムにカニを楽しむことができます。

近隣からの場合には午前中に市場に寄ってから食事場所に着くというツアーもあり、遠方からの場合でも食事を終えてから土産物屋に寄って帰れるように計画されているのが一般的です。有名な鳥取砂丘の散策も組み合わせてあることが多く、食後の散歩をして腹ごなしができるのに魅力があります。冬に向かっていくと人気が高くなってくるカニバスの目的地が兵庫です。グルメエリアとしても知られる神戸の牛肉やスイーツも同時に楽しむことができるツアーが多く、カニだけにこだわらずに楽しめるのが魅力です。

城崎温泉を組み合わせて一泊二日のコースにしてあるツアーもあり、日本の冬の風物詩を一挙に楽しむこともできます。関西発ではこれに加えて京都の間人カニを食べるのを目的としたカニバスも多く、冬の天橋立の美しさを同時に満喫できることが特徴です。時期に応じて関西発のカニバスはこの三つのエリアが目的地となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *