関西発のかにバスで温泉旅行

冬場になると日本海の沿岸ではかに漁が盛んになりますが、新鮮なまま食べるのと複雑な流通過程を通って既に時間が経過したものを食べるのとでは雲泥の違いがあります。

そこでかにの本来のおいしさを堪能するとともに、あわせてさまざまな楽しみが詰まった旅行をしてしまおうというのが、この時期に催行されるかにバスツアーの狙いです。かにバスツアーはだいたい11月の終わりから12月ごろになってから募集がはじまり、翌年の3月かそれ以前には終了してしまうツアーです。

全国的に旅行代理店またはバス会社が直接募集をしていますが、募集期間が短いだけに、逆に希望者も早くから予約を入れているのが実際です。関西発のかにバスツアーの場合には、他の地域にはないアドバンテージとして、日本海の沿岸地域には比較的近いという特性があります。

近いとはいっても距離的には数百キロの単位にはなりますが、高速道路を使えば時間的にはかなりの短縮になります。そこで関西発のかにバスツアーでは、単にかに料理を食べる以外にもさまざまな要素を詰め込んでパッケージにしたものが目立ちます。

たとえば途中で天橋立や気比の松原などの景勝地を観光したり、城崎温泉や久美浜温泉などの温泉街に宿泊をしたりといったものが挙げられます。特に関西発のかにバスツアーと温泉とは、今では切っても切り離せない関係となっており、食事とともに温泉が楽しめるお得感のあるツアーとしては定番になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *