かにバスで日帰りツアー

かにバスは秋の終わりから冬のシーズンにかけて募集がはじまる特別なバスツアーですが、その行き先はいくつかに分かれます。

基本的にはかにの水揚げが盛んな地域、特に日本海の沿岸の地域ということができますが、港の近くの温泉街などを目的地として設定している場合が多く見られます。

こうした場所であれば、食べ放題やバイキングなどの形式でかに料理を提供するにあたっても、現地のホテルや旅館の食堂や大広間を使うことができて効率的な上に、そのまま宿泊をする需要もあるためです。

かにバスを利用したパッケージツアーの場合には、こうしたことから温泉旅館の宿泊付きプランが多くなっていますが、もちろん日帰りで楽しむことも可能です。かにバスを日帰りで利用するのであれば、旅行代理店でチケットを購入する方法もありますが、バス会社に直接予約をする方法も使えます。

かにバスは大抵の場合にはシーズン中は毎日運行されるなど運行頻度も高いほか、出発や到着の時間帯も決まっていますので、一般的な乗合バス同様に使いこなすことが可能です。日帰りの利用にあたっては、移動に必要な時間と現地での滞在時間のバランスを考えて、ベストな出発時刻の便を選択することが重要です。

しかし選び方さえ間違えなければ、現地でかに料理のランチメニューを格安で注文することができるほか、古い寺院や景勝地といった観光名所などに足を伸ばすこともできるため、いろいろな楽しみが広がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *