かにバスの現地宿泊先について

冬の味覚としては代名詞にもなっているかに料理ですが、大阪や京都、神戸などの都心部からでも旬を手軽に楽しむことができるように企画されたのが、かにバスと呼ばれる旅行の手段です。

かにバスは乗合バスのひとつとしてバス会社が独自に運行しているものもあれば、旅行会社が周辺の観光スポットの見学や宿泊と組み合わせてパッケージとして販売しているものもあり、なかなか種類としては多様です。

バス会社が独自に運行する場合であっても、目的地にある特定のホテルや旅館とタイアップしており、利用者だけが安価な料金で宿泊できるようにしていることもあります。

いずれの場合もそうですが、かにバスが宿泊をともなう場合には、たとえば関西圏ならば久美浜や城崎といった有名な温泉街が該当しているケースがほとんどです。

かにバスとはいっても、日帰りでかに料理だけを目当てにしている顧客層もないわけではありませんが、毎年の楽しみとしてちょっとした遠出の旅行を兼ねて参加をする人たちも多くなっています。

この場合には温泉や観光スポット巡りを通じた保養もまた、料理とともに楽しみのひとつになっているため、いわば旅行の定番メニューとして外せない取り合わせといえます。

旅館やホテルの側でも顧客ニーズに対応するため、宿泊滞在中にも温泉街の外湯を何か所か巡ることができるパスポートを発行するなどの取り組みを進めており、ますますリピーターとしての顧客を呼び込む結果となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *